格安航空券で行ける路線は意外に多いのでやっぱり利用した方がお得でしょう!

2016-02-26

格安航空券と聞けば、国際線をイメージするでしょう。もちろん当初は海外旅行の便利ツールでした。主にリスクを恐れないバックパッカー向けでした。しかし知名度が高まってくると、旅行に不慣れな人も利用するようになりました。ニーズが増えれば当然供給も増えます。

今なら格安航空券で行ける路線は、意外なほど多くなっていますよ。

■格安航空券で行ける路線は多いですよ
近年の航空業界は、格安航空会社LCCの参入によって激戦です。また地上では新幹線もスピードアップしています。地方を結ぶ豪華列車や格安の深夜バスも登場しています。旅行の選択肢が多様化しています。そのため航空会社も新たな戦略を企てる必要に迫られています。

そこで格安航空券が使える路線を増やしています。乗り物は、空席が出るほど赤字です。空気を運ぶくらいなら、多少でもお金をもらいましょう!ビジネスであれば当たり前の話です。そういう意味ではちょっと人気のない地方路線でも格安航空券が使えます。

廃便となる前に、プレミアチケットを安価で入手してみましょう。

■デメリットもありますが
空席が目立つフライトならば、安くでも売ります。しかしドル箱路線なら、航空会社もしたたかです。例えば新千歳と羽田を結ぶ便です。首都圏から北海道はまだ遠いですからね。北海道新幹線が札幌まで届かない間は、激安を探すのは難しそうです。

同様に大阪伊丹と羽田間も、ビジネス客が多いでしょう。一方で繁忙期も中々格安航空券がゲットできません。枚数が限られる上に割引率もいまいちです。そもそも格安航空券の精神に則れば、レアな旅をする!正規な旅は正規なチケットで!そういうことかもしれません。

■具体的な利用法は
定番の観光地なら、終日自由行動のツアーに参加した方がお得かもしれません。一方で格安航空券は、穴場的な観光地で利用してみましょう。それだけ行ける路線が増えているのですから。

格安航空券で行ける路線は意外に多いのでやっぱり利用した方がお得でしょう!

格安航空券と聞けば、国際線をイメージするでしょう。


Copyright© 2016年2月26日 格安航空券の利用方法を多角的に考察|framedincanada
http://framedincanada.com All Rights Reserved.